相続問題セカンド

遺言のチカラ

遺言書必要度チェック

人は、誰でもこの世に生を受けたからには、いつかは死を迎えるという宿命にあります。

とはいえ、死を迎える時期や状況は人によってさまざまで、この世を去る最後のメッセージを送りたいと思っている人も多いでしょう。

生前のうちに、しかも意識のしっかりしているときに、自分の財産やその他、自分が去った後のことに対してメッセージを残したいと 思っている人が選びうる最善の方法、それが遺言ということになるでしょう。

遺言は言葉を残すという漢字が使われているように、まさに最後のメッセージを残す方法なのです。

よって、被相続人の言葉が、正しくきちんと死後にも伝わるようにしなければなりませんし、そのメッセージが真意に基づくものであることが要求されます。

要件を満たしている遺言

遺言書

遺言を残す際には、いろいろな決まりごとがあり、その要件を満たしている遺言のみが正式な遺言として取り扱われることとなるのです。

方法についてインターネットで調べることは可能ですが、間違いなく正しく遺言を残すためにはやはり、法律のプロに相談することが大切でしょう。

お金をかけずにやるなら、公証人役場で公正証書を作成し遺言を残すことをお薦めします。