相続問題セカンド

生前の親族間トラブル

相続の対象となる人が亡くなったとき、すみやかに相続に関する協議がなされて、円満に相続人の間で相続財産の分割が平等に行われることが 理想なのですが時には、生前の親族間のトラブルがあり、きちんと相続分割が行われないかもしれないという不安があります。

被相続人は抱えたまま、この世を去らなければならないということも少なくないでしょう。

そんな被相続人の不安を払拭することができるのが、相続財産管理人という人の役割です。

法律家や信託銀行が任命される

財産管理人

相続財産管理人は、名前のとおり相続の対象となる財産を管理するための役割を付与された人のことをさします。

多くの場合、法律のプロや、信託銀行のような相続財産を管理することのできるプロフェッショナルが任命されることとなるでしょう。

また、相続財産管理人については、遺言書の中で定めることも可能です。

自分の相続について、不安のある人は、やはり相続財産管理人を生前のうちにきちんと選んでおくということが大切なのです。