遺産相続

相続が発生するということは、誰の身にも起こりうることですよね?
しかも、相続は、非常に大切な方との永遠の別れによってもたらされるものでもありますから、 悲しみにくれているだけでなく、同時にその問題を解決しなければならないということが、 なんとも悩ましい問題でもあるのではないでしょうか?

相続問題は、お金持ちに特有に問題であるというように、これまで多くの方が考えてきたのかもしれませんが 今、国会で議論されている相続税の見直しによって実は、お金持ちだけでなくかなりの方が、相続のことに ついて真剣に考えなければならない時代がすぐそこまで来ているのかもしれないということを 認識しておくことは大切でしょう。


ここでは、遺産相続によって起こりうる問題や、その対応方法について説明させていただきますので、 既に遺産相続問題の渦中の方も、これからそのような問題に関与するかもしれない方にも、 ご参考にしていただければと思っています。


相続問題

相続財産があっても、それが少なくても、相続があるところには、十人十色のさまざまな 相続問題が起こりうるのです。 それはなぜか?相続イコール財産(お金)が必ずかかわることであり、お金を前に、人は欲望をかきたててしまう ことが多く、それによって円満な話し合い(遺産分割協議)をすることが難しくなるからです。

誰でも、少しでも多くの財産を分与してほしいと思うものでしょうから、話し合いが泥沼化する可能性が大きい のです。 では、相続問題を少しでも少なくするためには、どのようにしたらよいのでしょうか? それには、相続人当人のみで遺産分割協議をするのではなく、相続財産を管理してくれる第三者を置き、 その人を交えて冷静に協議をすることではないでしょうか?

あるいは、このようなトラブルを起こさないために 、被相続人自身が、生前に遺言書等で、自分の相続財産に関する意思表示をしておくということも有効でしょう。 自分が死んでからのことを心配するのも、つらいかもしれませんが、もし、あなたが資産家であれば、 やはり相続問題の対策をするなら無料で相談できる施設があるので聞いてみましょう。。

遺産相続について国民の考え方(関心度)をチェックしてグラフにしました。
遺言書の必要度をチェック。あなたは遺言書が必要なのかを知りたい人は画像をクリック!


最新情報&更新情報

2013.3.04 相続問題の事例と注意点を更新

2013.2.26 チェックシート画像アップ

2013.2.10 ホームページリニューアル